メキシコライフ

コロナ後の初ビーチ。プエルトモレロスへ

コロナウイルスの自粛はまだ続いているカンクンですが、それでもカンクンのホテルゾーンに入れるようになったりしたので、かなり久しぶりにプエルトモレロスへのビーチへ家族で行ってきました。

 

プエルトモレロスはカンクンから約30分のところにある町で(位置的にはカンクンとプラヤデルカルメンの中間)、遠浅でのんびりしていて、カンクンのビーチより人が少ないので我が家はビーチでのんびりしたいときに行くビーチです。

 

ビーチへアクセスできる通りがいくつかあるんですが、大きく「禁止」と書かれた看板があったのですが、1か所無かったのでそこから入りました。あとで気付いたけど、ただ看板が倒れているだけでした。

 

でもビーチには人がいて、みな思い思いに楽しんでいました。

ただ、予想していなかったのが海藻!

今日は海藻がひどかった。

これまでしばらく人がいなかったので清掃が入っていなかったというのもあるだろうけど、海藻でビーチに入れなくて残念でした。(夫や子供たちは入ってたけど)

でも砂辺で青空を見ながらぼーっとするだけで幸せ。

ちなみにこのポンプ不要の空気を入れてソファ(?)になるこれは、準備する姿はちょっと滑稽だけど、ゴロゴロできておすすめ。(あとで調べたらエアソファーという名前でした)

 

(余談ですがこの体制でずっとぼーっとしてたら脇が焼けました・・。脇を日焼けするとか初めてだわ・・)

 

そしてこの日は日本と同じくメキシコでも父の日でした。

日本とはちょっと違う、メキシコの父の日について別サイトに書きました。

ちょっと萌える?!メキシコの父の日