メキシコライフ

【メキシコ暮らし】日本人が苦手な黒豆もらった

メキシコ人のママ友から、「豆炊いたから取りにおいでー」と言われたので図々しくもらいに行きました。

写真では伝わりにくいけど、たーっぷりもらいました!

日本の黒豆にそっくりですが、砂糖の入ってない甘くない「副菜」的なもので、メキシコに限らず、中南米でもいつも出てくる豆で、フリホーレスと呼びます。

玉ねぎやニンニクを入れて炊いたり。

こし餡的に潰してペースト状にしたものもあります。

 

フリホーレスが苦手な日本人も多いけど、私は好き!

そういえば、昔20歳の頃、メキシコ中米を1年間バックパッカーをしていたときに、グアテマラで2週間ほどホームステイしたことがあったんですが、夕食でこの豆のスープだけが出た時は、きっつ、、と思いました。

でも今なら全然平気かも。笑

 

普通にスーパーでもコンビニでも乾燥の豆が売っているので家庭で炊けるのですが、17年メキシコに住んでおいて自分で作ったのはほんと数えるくらい。

私は時間がかかるのが嫌なのと、メキシコ人の夫と一緒に住んでない今、作るものは子供達がよく食べるパスタやなんちゃって日本食を作る方が多いので、

豆を出すときは出来合いの缶詰が10ペソ(50円くらい?)で買えるのでそれを利用してましたが、今回もらったのを食べたらすごく美味しくて、子供たちにもあげたら美味しい美味しいと言って、たっぷりもらったのに子供達と1日で食べ尽くしました。

メキシカンライスとこの豆だけ。笑

 

今度は乾燥豆を買って自分で作ろうと思います!

 

 

日本人「豆は甘いもの」

メキシコ人「豆はしょっぱいもの」

 

という認識があるので、メキシコ人に日本の甘い餡子を「甘いフリホーレス」と説明すると、うぇ!!と言われることもあるし、

日本人にフリホーレスのことを「甘くない餡子」と説明すると、何色を示しがちですが、

どちらも美味しいので、日本人がメキシコや中米に来たら、メキシコ人が日本に来たら、それぞれ試して欲しい食べ物のひとつです。